スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

黒沢清新作『散歩する侵略者』、長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己が共演

未分類
12 /06 2016

スポンサードリンク

長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己が共演、黒沢清新作『散歩する侵略者』
映画『散歩する侵略者』が9月16日から全国で公開される。

『岸辺の旅』で『カンヌ国際映画祭』ある視点部門監督賞を受賞した黒沢清監督の新作となる同作。2005年に初演された劇団イキウメの同名舞台をもとにした作品で、数日間行方不明だった男・加瀬真治が別人のように穏やかで優しくなって妻・鳴海のもとに帰還し、「地球を侵略しに来た」と告白するというあらすじだ。

【もっと大きな画像を見る】

夫の告白に戸惑う主人公・鳴海役を演じるのは長澤まさみ。侵略者に体を乗っ取られた真治役を松田龍平、町で発生した一家惨殺事件を追ううちに「侵略者」と行動を共にすることになるジャーナリストの桜井役を長谷川博己が演じる。長澤、松田、長谷川は互いに初共演となるほか、黒沢監督の作品に出演するのも初となる。

■長澤まさみのコメント
出演オファーを頂いた時は、私でいいのかなと思うほど本当に嬉しかったです。普遍的な日常の中で、気づかないうちに静かに何かが動き出している…というような、現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました。女性として、鳴海の気持ちに共感しながら、真治のことを家族として大切に思えるようにしようと思って演じました。真治役の松田龍平さんは、そんな思いを常に受け止めてくれて、とても助けられました。
黒沢監督は、細かく丁寧にお芝居をつけてくださるのですが、怒ってばかりの役だったので、いい意味で、こんなに大変で辛い現場は久しぶりだなと思いました。毎日ふらふらになりました。作品の中で描かれているようなことが、現実の世界でも起こっているかもしれないというドキドキを、ぜひ楽しんで頂けたら嬉しいです。

■松田龍平のコメント
脚本を読んだ段階では、「侵略者」に体を乗っ取られた男という真治の設定が想像しきれなくて、逆に何もこだわらずに撮影に臨みました。黒沢清監督と初めてご一緒できることも嬉しかったですが、黒沢監督にヒントをもらいながら、役を埋めていきました。
「侵略者」がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います。鳴海と真治という、壊れかけた夫婦の関係性、真治が鳴海の心を取り戻していく話でもありますし、一方で「侵略」のあり方を描いていく話でもある。自分の身の回りのことに置き換えて観られると思います。笑える要素もあるし、アクション映画か?というような部分もあるし、自分が出演していないところでも楽しみなシーンがたくさんあります。様々な面白さのある、幅の広い映画になるのではないかと思います。

■長谷川博己のコメント
黒沢清監督作品に出演できたことをとてもうれしく思います。
「侵略者」と行動をともにしていくジャーナリスト桜井役です。
黒沢監督の作品は多く拝見していますが、撮影前に「(監督の)今までの作品のことはすべて忘れてください」と仰っておられました。何か新しいことに挑戦されようとする監督の意思に心躍りました。
ラブストーリーでもあれば、男同士の友情を描くノワール映画的な要素もあります。ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています。

■前川知大(イキウメ)のコメント
そもそも自分は黒沢清監督の映画が大好きで、かなりの影響を受けています。その僕が演劇として生み出したこの物語を、映画にするのが黒沢監督というのは僕的に最高の巡り合わせでした。そこに集まった俳優陣も素晴らしく、もう期待しかありません。ある夫婦の話でありながら、世界に対する侵略者の話でもあります。
映画ならではのスケール感で描かれることに興奮しています。

■黒沢清のコメント
イキウメの舞台では、決まって世界は二重三重にかさなり合っている。その絶妙な配置をどうやって映画化するか、最初それは至難のワザに思えた。私を含めてスタッフたちはみな試行錯誤しながら、現実世界の中に様々なこちら側とあちら側の境界線を用意した。それが正解なのかどうか、やってみるまで誰にもわからなかった。しかし俳優たちは誰一人ちゅうちょせず、いとも軽々その境界線を越えてくれた。時に笑いを誘いながら。
こうして今まで多分誰も見たことのない、まったく新しい娯楽映画ができあがったように思う。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
スポンサーサイト
Comment - 0

中森明菜の現在 2016は完全復活!

未分類
12 /06 2016

スポンサードリンク

明菜が完全復活!
 歌手の中森明菜が4日、都内でディナーショーを開催し、7年ぶりにステージ復帰したことを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、開演前から明菜の登場を待ちきれないファン約900人から、10分にも及ぶ「明菜!!」コールがわき起こる中、明菜は仮面舞踏会を意識したドレス姿で登場。1曲目はおととしの紅白歌合戦でも披露し、昨年1月に発売したシングル「Rojo-Tierra-」。歌唱後、明菜は「始まる前から大きな声を出して、みんな声がかれてませんか? これはディナーショーですよ」と目を潤ませたという。

 この日のチケットはファンクラブ会員を対象に発売され5万円と高額だったが完売。7年ぶりのステージとなるだけに、ファンに対して「これまでファンクラブに入っていただいてありがとう。いろいろ不満もあったかと思いますが、きっと、今日は入っていてよかったなと思っていただけたかと」と呼びかけたという。ラストでは「ミ・アモーレ」、「DESIRE-情熱-」など30分超の代表曲メドレーをノンストップで披露。約1時間20分で約20曲を熱唱し完全復活を遂げた。

 「いざ、開催すると決まったものの、明菜の場合、これまで何度か急きょ体調が悪化しファンをがっかりさせてきた。とはいえ、今回の全10か所のディナーショーの場合、公演キャンセルとなった場合には億単位の賠償責任が発生。そんな事情もあるためか、明菜はしっかり体調を整えてステージに立つことができた」(レコード会社関係者)

 明菜はストレスによる免疫低下で帯状疱疹を患うなどしたため、体調不良を理由に10年10月から活動を休止。おととしのNHK紅白歌合戦で復帰したが、ライブ活動はなかった。一部スポーツ紙は先月末、今回の公演に向け都内のスタジオで極秘リハーサルを行った明菜の姿をキャッチ。リハを終え帰宅の際は「ありがとう」とスタッフに声を掛け、車の窓を開けて「お疲れさまでした。またね!」とおどけてあいさつしていたというのだ。

 来年はデビュー35周年を迎えるだけに、もっと多くのファンに生の歌声を届けて欲しいものだ。
 
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

織田信成、大好きな「ユーリ!!!」に本人役で出演決定!

未分類
12 /06 2016

スポンサードリンク

織田信成、大好きな「ユーリ!!!」に本人役で出演決定!
12月14日(水)深夜に放送される、本格フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」(テレビ朝日ほか)第11話に、12月9日(金)に開幕する「フィギュアスケート グランプリファイナル マルセイユ」の解説を担当する、プロフィギュアスケーター・織田信成がゲスト出演することが分かった。

【写真を見る】本人役で解説を担当する織田信成のアニメ画像はこれ!

本人役でのTVアニメ初出演を果たし、劇中のグランプリファイナルでショートプログラムに挑む勇利たちの演技を解説する。

織田は番組の大ファンで「一度でいいから本人役で出て、勇利の解説をしてみたかった!」そう。現実のフィギュアスケート大会でも、氷上の舞のような滑らかできめ細かい解説をし、高評価を得ている織田が、“もうひとつのグランプリファイナル”でどんな名解説者ぶりを発揮してくれるのか…。「ユーリ!!! on ICE」での頂上決戦から目が離せない。

織田は今回、本作で熱血アナウンサー・諸岡久志の声を担当しているテレビ朝日の加藤泰平アナと並んで、アフレコに参加した。ことしのグランプリシリーズでも一緒に実況と解説を担当したことのある2人だけに、アフレコでも息がピッタリ。

まるで本物のグランプリファイナルを見ているかのような、リアルな実況&解説を展開し、スタッフ一同を大興奮させた。

中でも印象的だったのは、織田の熱量とリズム感。決して手を抜くことなく、せりふに疑問があれば、すぐスタッフに確認し、秒単位で指定されるせりふの尺やタイミングも、指示通りに見事決め、堂々たる声優ぶりを発揮した。

アフレコ収録後、織田は「加藤さんと一緒だったので、安心して、いつも通りに解説できました! せりふのタイミングも、普段からやっているフィギュアの解説だったからこそ、うまくつかむことができたと思います」と手応え十分。

「『ユーリ!!!』を見ている現役選手や元選手たちに思いっきり自慢したいです!」と声を弾ませ、写真撮影の際もこぼれんばかりの笑顔で、おなじみの決めポーズを披露した。

織田が出演する「ユーリ!!! on ICE」第11話の放送前には、世界中が注目する「フィギュアスケートグランプリファイナル」も開催される。「

織田はGPファイナルについて「昨年は羽生結弦選手が優勝して、宇野昌磨選手が3位でしたので、ことしはこの2人でワンツー・フィニッシュを決めてほしいです。女子はロシアの選手が4人も進出していて、強豪ぞろい。し烈な戦いになると思いますが、昨シーズン2位だった宮原知子選手にぜひ表彰台を目指してほしいです」と、自身の願望を込めた予想を披露した。

織田の予想は的中するのか、はたまた不正解でつるんとスピンしてしまうのか…「ユーリ!!! in Nobunari」の前にGPファイナルの行方にも注目しよう。

ゲスト出演に際し、織田は「『ユーリ!!! on ICE』はフィギュアスケートのルールにちゃんとのっとった演技など、ディティールも細かいですし、リンクの背景の描写も素晴らしい! 僕も大好きなアニメで、第1話から毎週見ながら『一度でいいから本人役で出て、勇利の演技を解説してみたい!』と思ってたんです。

というのも、勇利は僕が一番好きなキャラクター。彼が自分の弱さを乗り越えていく姿は、現役時代の僕と重なるものがあるんですよね。といっても、僕は勇利よりもずっと弱くて、なかなか強さが出せなかったんですけど…(笑)。

それはさておき、彼の解説をするという夢が今回かなって、すごくうれしいです! 実は『ユーリ!!! on ICE』は現役選手や元選手の間でもすごく話題になっているんですよ。彼らに思いっきり自慢したいです!」と明かす。

また、アフレコの感想を「自分役ということもあって、せりふも自然に言うことができたと思います。これが全然違う役柄だったら、すごく苦労したはず! 声優は声だけでキャラクターを伝えなきゃいけませんからね。すごく大変で、難しいお仕事だと思います」と、声の仕事の難しさを語る。

今後やってみたいキャラについては「僕は声が高いし、関西弁が抜けないので、ご先祖様である織田信長みたいな役は無理だと思うんですよ(笑)。なので、かわいいキャラクターや動物の役ができたらいいなって思います。実は僕、猫が好きで、鳴き声のまねも得意なんですよ(笑)」と語った。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

三浦大知 嫁 あゆみさん!?の妊娠を報告「命を授かりました」

未分類
12 /06 2016

スポンサードリンク

三浦大知、妻の妊娠を報告「命を授かりました」
 歌手でダンサーの三浦大知が5日にブログで、夫人が第1子を妊娠していることを明かした。三浦は「現在妻は臨月に入っておりもうすぐ産まれてきます」などと綴り、改めてファンに向けて出産報告したい心境を寄せている。

 三浦は1997年に沖縄アクターズスクール所属の7人で構成されたダンス&ボーカルユニット「Folder」のメインボーカルとしてデビュー。シングル『パラシューター』では、若干9歳のイメージとかけ離れた歌唱力で巷間の称賛を誘った。2005年にはソロデビューを果たし、ダンサーとしても活動。最近ではテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演し、その華麗なダンスや歌声で反響を呼んだ。

 三浦は『ご報告』と題したブログを更新。「この度、命を授かりました 現在妻は臨月に入っておりもうすぐ産まれてきます」と夫人が第1子を妊娠していることを明かした。

 さらに、「本来なら産まれてからすぐにきちんと報告させていただくつもりだったのですが」と続けた三浦は、「先日いきなりフラッシュを焚かれ写真を撮られまして、その記事が不本意ですが出てしまうとの事でしたので」とコメント。

 その上で、三浦は「いつも応援してくださる皆様にちゃんと自分の口から報告したくこの文章を書いてます」とファンと向き合う形でメッセージを伝えたかったことを率直に記し、「無事産まれてきたらまた改めて報告させていただきますね」と出産報告を届けたい心境を綴っている。

 三浦は2015年1月1日に一般女性と入籍したことを明かしている。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

菅田将暉が眼鏡、小栗旬が銀髪、橋本環奈がチャイナ服、実写『銀魂』初写真

未分類
12 /06 2016

スポンサードリンク

小栗旬が銀髪、菅田将暉が眼鏡、橋本環奈がチャイナ服、実写『銀魂』初写真
実写映画『銀魂』のキャラクタービジュアルが公開された。

公開されたのは主人公・坂田銀時役の小栗旬、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈のビジュアル。2か月間におよぶアクショントレーニングで身体を鍛えたという小栗は、地毛を銀髪に染め、さらにウィッグを使って銀時の天然パーマの銀髪を再現したという。ビジュアルでは洞爺湖土産の木刀を手にする様子が写し出されている。

【もっと画像を見る(4枚)】

菅田演じる新八は、長澤まさみ演じる姉の妙と共に父の遺した剣術道場を切り盛りしている少年で、気弱だが強い信念を持っているキャラクター。ビジュアルでは眼鏡をかけた黒髪の菅田の姿が確認できる。また橋本は髪をオレンジに染め、青い瞳とチャイナ服によって神楽の容姿を再現している。

2017年夏に全国で公開される映画『銀魂』は、空知英秋の同名漫画をもとにした作品。宇宙から来た「天人」の台頭と廃刀令により、侍が力を失っている江戸を舞台に、銀時と仲間たちの身に起こる様々事件を描く。キャストには小栗、菅田、橋本、長澤に加え、岡田将生、ムロツヨシ、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、堂本剛、新井浩文、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、早見あかりらが名を連ねている。監督・脚本を手掛けるのは福田雄一。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。