スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

ドクターx 視聴率第6話!!

ドラマ
11 /18 2016

スポンサードリンク

ドクターX


女優の米倉涼子(41)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第4シリーズ「~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)の第6話が17日に放送され、

平均視聴率は21・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

 初回20・4%は今年の民放連続ドラマ初の20%超えとなり、いきなり今年の民放連ドラ1位を記録。第2話は19・7%と微減したものの、

第3話は前枠「日本シリーズ 日本ハム×広島 第5戦」の生中継が延長して50分遅れの放送開始ながら、今シリーズ最高となる24・3%をマークした。

第4話21・3%、第5話20・4%と大台をキープ。第6話は前週から1・1ポイント上昇し、今シリーズ2位の数字を記録。4週連続、5回目の大台突破となった。

 「13~15%でヒット」と言われる現在のテレビドラマ界において驚異的な数字を連発し、人気の高さを証明。今年の連ドラNo.1のメガヒットは早くも確実だ。

異次元のハイレベルな水準で独走している。

 孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。

2年ぶりのシリーズ第4弾は天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる国内最高峰「東帝大学病院」が舞台。医療の本質を見失い、病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に立ち向かう。

 第6話は、蛭間(西田敏行)による過酷な論文執筆強要を受け、赤井(長谷川朝晴)が、米国の教授スターキー(イアン・ムーア)の論文を盗用した疑いが浮上した。

東子(泉ピン子)はその隙に、蛭間からくら替えしてきた医師たちを統率し、蛭間に辞表を提出するよう迫る。

翌日、蛭間がマスコミを集め、会見を開く。会見には来日中のスターキーと、金沢市から駆け付けた蛭間の腹心・海老名(遠藤憲一)も登壇。盗用疑惑を掛けられた論文は、

この2人とスターキーの部下シュリンプ(坂元健児)が共同執筆したもので、盗用ではないと主張する…という展開だった。

第7話が待ちどうしいですね。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
スポンサーサイト
Comment - 0

キムタク ドラマ 2017 ヒロイン 最新情報です!

ドラマ
11 /11 2016

スポンサードリンク

キムタク


年内で解散するSMAPの木村拓哉が来年1月にスタートするTBSの新ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(日曜よる9時)で主演を務めることが明らかになった。

木村が演じるのは、患者を救うことを絶対に諦めない強い意志を持つ外科医。

元恋人には「プライド」(フジテレビ系)以来13年ぶりの連ドラ共演となる竹内結子がふんするほか、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信と豪華キャストが集結した。

木村は「今回集うスタッフ、キャストと共にどれだけの『想い』を伝える事ができるのか、決して逃げずに挑んでみたいと思います!」と意気込んだ。

 医師として駆け出しのころ、病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡り、技術を磨くためにひたすらオペ経験を重ねた主人公・沖田一光(木村)は、

かつての恋人の父に請われて日本に戻ってくる。沖田が不在の10年の間に、元恋人は自分の親友と結婚していた。

しかも、沖田は知らないが、その親友こそが10年前、沖田を病院から追い出す画策をした張本人だった。

さらに、彼を待ち受けていたのは再会した元恋人、親友だけでなく、一癖も二癖もある医師や看護師たちだった。

 舞台となる東京の大病院・壇上記念病院院長の娘で、沖田のかつての恋人・壇上深冬に竹内、自分の才能に過剰なほどの自信を持っている心臓血管外科医・井川颯太に松山、

外科医をしのぐほどの知識を持つ一流オペナース・柴田由紀に木村文乃、壇上記念病院の顧問弁護士・榊原実梨に菜々緒、

第一外科部長で心臓血管外科専門の医師・羽村圭吾に及川、副院長で深冬の夫である壇上壮大に浅野がふんする。

 脚本は草なぎ剛主演の“僕シリーズ3部作”(「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」)などで知られる橋部敦子。

演出は「天皇の料理番」「JIN −仁−」を手掛けた平川雄一朗が務める。

瀬戸口克陽プロデューサーは「単なる医療ドラマに留まらず、それぞれの奥行き深い人間ドラマを丁寧に描いていきたいと思っています。

オリジナル作品ということで、木村拓哉さんをはじめ、竹内結子さんや浅野忠信さんらとも、早い段階からお目にかかって、キャラクター作りを行ってきました。

全員で、目一杯の熱量で、作品づくりに臨みたいと思います」と語っている。

来年のキムタクにも目が離せないようですね。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

石原さとみ ドラマ 校閲ガールの衣装 5話が可愛い!

ドラマ
11 /10 2016

スポンサードリンク

石原さとみ

現在放送中の連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ)の公式インスタグラムアカウントにて、2日連続で主演を務める石原さとみの笑顔ショット公開され、

その愛らしさに反響の声が寄せられている。

 本作は、ファッション編集者を目指し出版社に入社したものの、文章や原稿などの、内容の誤りや不備な点を調べ、直し正す「校閲」という仕事に配属されながら、

情熱いっぱいに奮闘する主人公・河野悦子(石原)の活躍を描く。同ドラマには、悦子が一目ぼれする作家兼モデル・折原幸人役に菅田将暉、

悦子の高校の後輩・森尾登代子役に本田翼が演じている。

 劇中では、めまぐるしく変わる石原のファッションが話題の一つとなっており、公式インスタグラムでもそのファッションはたびたび紹介され、多くの反響の声が寄せられている。

5日には薄紫色のガウン姿で笑顔を見せる石原の写真が公開、6日にはグレーのセーターにスカーフ、

そして個性的な指輪を中指にはめた石原の姿と、立て続けに石原の姿が公開されている。

 これらの写真には「2日続けて可愛すぎる写真ありがとうございます。素晴らしい土日になりました!」

「さとみちゃんのおかげで充電完了しました!!明日からまた頑張れます」「安定にかわいい」「かわいい、来週まで待ちきれない!」

と立て続けの石原の笑顔を大いに喜ぶ声が多く寄せられている。

ファンの一人としては嬉しいメッセージです。ありがとうございます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

逃げ恥 ネタバレ ドラマ 5話いよいよ…

ドラマ
11 /08 2016

スポンサードリンク

逃げるは恥だが役に立つ


「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS火曜日22時)が人気だ。

契約結婚の話といったって、どうせ恋愛に発展していくだけの話なんだろうと高を括って見ていたら、いい意味で期待を裏切られた。

第1話で初めて出会った二人が、第2話で契約結婚に至るという、あまりに唐突な展開もテンポが良いので、違和感なく観ることができる。コミカルだ。

契約結婚という一風変わったテーマを題材にしているが、登場人物たちの悩んでいることは、同じ年頃の女性である筆者にとっても共感を得られるものであった。

津崎平匡(星野源)は人と深くつきあうのが苦手なタイプで、自分自身を「プロの独身」と評している。森山みくり(新垣結衣)に対して好意を持っているのに、

それを認めようとせず、いつも心の中で悩んでいる。本心は口に出さず、いつも自分の部屋でもだえている津崎の演技につい見入ってしまう。

そして、みくりも人間関係でのコンプレックスを抱いている。津崎に対して好意があるのに、契約結婚という前提を忘れられず、必要以上に踏み込まないようにしている。

みくりの悩みが、妄想として映像化されているところもおもしろい。誰もが知っているバラエティが突然パロディとして組み込まれていて、コミカルな演出に一役かっている。

一見、似てないように見える2人も、共通点がある。それは、人の気持ちにすごく敏感で臆病な点だ。

人の気持ちを考えすぎて、お互いに明らかに好意を持っているように見えるのに、一歩踏み込むことはできない2人。

観ていると、あまりのいじらしさに歯がゆくなってしまう。筆者にも人の気持ちを考えすぎて失敗したという経験はある。

こういった臆病な面は誰もが持っているからこそ、共感を呼ぶのだろう。

また、このドラマでは、ゲイの登場人物を笑いのネタとして使うのではなく、個性を持った1人の人間としてきちんと描いているように見える。

ゲイというと、いつもオネエ系のステレオタイプな人物として登場していて辟易してしまうが、今回は違う。

孤独を抱えた1人の人間として、また2人の契約結婚にいちはやく気がつく人物として描かれている。

津崎を演じる星野源が歌う、主題歌「恋」もドラマと合っているし、登場人物たちのコミカルなダンスも余韻を残してくれる。

「夫婦を超えていけ」という歌詞のように、是非、新しい夫婦の形を見せて欲しいドラマである。

これからの津崎とみくりの2人がどうなっていくのか楽しみで見逃せない。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

不機嫌な果実 ドラマスペシャル 2017.1放送

ドラマ
11 /05 2016

スポンサードリンク

不機嫌な果実

女優の栗山千明主演で4月期に放送されたテレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』のその後を描くスペシャルドラマが来年1月に放送されることが明らかになった。

タイトルは『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~』。栗山はじめ、市原隼人、高梨臨、稲垣吾郎ら“不機嫌ファミリー”が再集結。

前作の最終回で「もう不倫は卒業!」と誓ったはずなのに…、“3年目の浮気”から始まる三角関係は泥沼化していく。

 作家・林真理子氏の同名小説を原作とする連続ドラマでは、「夫だけでは、満たされない」をキャッチコピーに、

夫・航一(稲垣)との結婚生活への不満を募らせた主人公・麻也子(栗山)が、情熱的な音楽評論家・通彦(市原)と“禁断の愛”に溺れていく様を中心に、

男女6人の“禁断の恋模様”を赤裸々に描き、ネット上では「登場人物がクズばかりなのに、楽しい!」と話題になった。

 麻也子は通彦と晴れて再婚し、麻也子の親友・久美(高梨)は航一と不倫関係から“堂々たる恋愛関係”へとステップアップ。

そして、不倫三昧だった玲子(橋本マナミ)も夫・茂(六角精児)と夫婦仲を修復するなど、前作の最終回ではそれぞれ落ち着くべきところに落ち着いた3人の女たちだった。

通彦が航一も真っ青のマザコンだったことが判明したり、久美と航一の母・綾子(萬田久子)の熾烈なバトルが始まったり…と、順風満帆とまではいかないものの、

幸せを手にした彼女たちはラストシーンで「もう不倫は卒業!」と、固く誓い合っていたのだが…。

 前作の3年後を描くスペシャルドラマでは、それぞれがお互いに少し飽き、不満を抱え、またもや一線を踏み越えてしまうことから、物語は始まる。

新キャラクターとして、野性的で筋肉質、しかも長身イケメンの農業男子が出現した。現在の夫・通彦にはない雄々しさを持った彼に、麻也子はついついひかれていくのだ。

 さらに、お互いうまくいかない現実を抱えたまま、麻也子と航一が再会。前作でも視聴者を恐怖のどん底に陥れた久美の“憎悪の火”が再燃し、阿鼻叫喚の女のバトルが繰り広げられることに。

一方、通彦にも非常勤講師として勤めている音楽大学の教え子が、“進路相談”と称して急接近してきて…。

あちこちで、“禁断の三角関係”が発生する事態になる。果たして、麻也子らの本能はどう反応し、どんな答えを出すのか。

 栗山は「スペシャルは連ドラのその後の物語になりますが、今回も恋愛に友情に盛りだくさんになるようです。

より楽しんでいただけるように、スタッフさんキャストの皆さんに支えていただきながら、息を合わせて体当たりで臨みたいと思っています」と気合十分だ。

 稲垣も「スペシャルのお話をいただいたときは『来たな!』と(笑)。続編の制作というものは、ドラマを見てくださる方々のご要望がなければ叶わないもの。

僕は過去にそういった経験があまりないので、うれしくもありましたね。とても特殊で刺激の強いキャラクターである航一は、僕にとって“大嫌いだけど、大好きな人”みたいな存在。

そういう自分の中の“ある種の違和感”を、今回も思う存分楽しみたいと思います。

主人公をハチャメチャにかき回すクセモノを、皆様の期待に応えられるよう演じたいです」とコメントを寄せている。

来年1月に放送されるこのスペシャルドラマ、待ちどうしいですね!!
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。