スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

博多駅前陥没事故、福岡経済中枢に打撃!! 

未分類
11 /09 2016

スポンサードリンク

博多駅前陥没事故、福岡経済中枢に打撃 通常営業困難、緊張走る
 福岡市博多区で8日に発生した大規模な道路陥没事故は停電や立ち入り禁止区域の設定、避難勧告などにより地元経済に大きな影響を与えた。事故発生後の10時に記者会見した福岡市は現場付近で行われていた地下鉄の延伸工事が原因として謝罪した。同工事については2014年10月にも同じ博多区で道路陥没事故を引き起こしており、今後の事故原因の究明と再発防止措置が求められる。

 事故は8日5時15分ごろ、福岡市博多区博多駅前2丁目交差点付近、JR博多駅西側の商業施設・キャナルシティ博多に向けて走る「はかた駅前通り」で発生した。陥没の規模は長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートル。現場では5時ごろから予兆があり、5時10分ごろには付近の通行止めを決断した。

 現場付近はJR九州や西日本フィナンシャルホールディングス本店など大手企業が事務所を構える福岡市有数のオフィス街だが、多くの企業で建物への立ち入りが禁止された。現場では警察車両や九州電力の広報車両などが巡回。緊張感が漂う中、会社員らがビルに入れず困った様子で電話をかける姿や、近隣の公園に避難、待機する姿が多く見られた。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。