スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

ワウリンカ 4年連続ベスト4ならず、予選敗退「受け入れている」<男子テニス>

未分類
11 /19 2016

スポンサードリンク

ワウリンカ 4年連続ベスト4ならず、予選敗退「受け入れている」<男子テニス>
男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は18日、グループ・ジョン マッケンローの予選ラウンドロビンが行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)は第1シードのA・マレー(英国)に4-6, 2-6のストレートで敗れ、4年連続のベスト4進出を逃した。試合後の会見では「(マレーは)はるかに自分より良かっただけ。それは受け入れている」と語った。

【ファイナルズ組み合わせ表】

「彼(マレー)は色々なことを上手くやっていた。サービスもとても良かった。特に序盤ではあまりチャンスをくれなかった。それが彼の良いところ。自信に溢れてプレーをしている。だから世界1位にいる」とワウリンカ。

続けて「タフな戦いであり、タフなスコアだった。出だしは良かったけど、彼のような選手相手では、ほんの少しのことが大きな差になってしまう」とマレーとの試合を振り返った。

両者の対戦成績はマレーの10勝7敗。マレーは第1セットを取った時点で準決勝進出が決まっていた。

4年連続の準決勝進出を逃したことで今シーズン終了となったワウリンカは「今日は出来ること全てをやった。ここにいるだけの大きな理由もあると思う。この最終戦へ戻ってこれたことをとても嬉しく思っているし、それは自分のテニス人生で素晴らしいもの。来年も帰ってきたいと願っている」と話した。

グループ・ジョン マッケンローからはマレーと第5シードの錦織圭(日本)、グループ・イバン レンドルからは第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのM・ラオニチ(カナダ)がベスト4進出を決めた。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】
(1)A・マレー 3勝0敗
(3)S・ワウリンカ 1勝2敗
(5)錦織圭 1勝2敗
(7)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗


【グループ・イバン レンドル】
(2)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(4)M・ラオニチ 2勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム(オーストリア) 1勝2敗
(9)D・ゴファン(ベルギー) 0勝1敗

ATPワールドツアー・ファイナルズは4選手が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビン1勝あたり200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。