スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

指原莉乃のディナーショー、支えているのは中高年オッサン グッズも好調

未分類
11 /21 2016

スポンサードリンク

サッシー人気、支えているのは中高年オッサン ディナーショーも昭和歌謡オンパレード
 越路吹雪にアン・ルイス、テレサ・テン...この顔ぶれを見て、民放各局が年末に放送する「往年のヒットソング特集」を思い浮かべる人も多いだろう。

 実はこれ、アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さん(24)のソロディナーショーで披露された歌だ。3万円以上の高額チケット、昭和歌謡満載のセットリストで注目を集めた今回のディナーショー。浮き彫りとなったのは、指原さんを支える中高年おっさんファンの存在だ。

■「自民党のパーティーか!? 」

 指原さんは24歳を迎える1日前の2016年11月20日、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)で初のディナーショーを開いた。

 「きょうはバラエティータレントでなく、シンガー指原の世界にいざないます」と宣言し、1曲目に「サン・トワ・マミー」(越路吹雪)をしっとり歌い上げた。

 ディナーショーは昼夜2部。いずれも「六本木心中」(アン・ルイス)、「マイウェイ」(布施明)、「人生いろいろ」(島倉千代子)、「つぐない」(テレサ・テン)など昭和のヒット曲が目白押しだ。

 「LOVEマシーン」(モーニング娘。)や「前前前世」(RADWIMPS)といった平成のヒット曲も披露されたが、ほんのわずか。もちろん、48グループの曲は一切出なかった。

 指原さんの年齢から想像もつかない選曲の背景に、何があったのか。一番に考えられるのは、ファンの年齢層の高さだろう。

 自身もそうした事情を自覚しているのか、公演中に客席を見まわし、「年齢層高すぎ。自民党のパーティーか!? 」と冗談を飛ばした。また、夜の部に登場したお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さんは「何がすごいって年齢層高すぎるやろ!」とツッコんだ。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。