スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

細川たかしがかつらって ひどいね…「紅白卒業」の裏事情

未分類
11 /23 2016

スポンサードリンク

細川たかしまで…大物歌手が続々「紅白卒業」の裏事情
 演歌歌手の細川たかし(66)が21日付の日刊スポーツ紙上で、今年のNHK紅白歌合戦の出場を辞退することを明かして話題だ。出場すれば40回の“メモリアル”となったのだが、細川は「(紅白は)最大の夢。でも枠は限られているし、世代交代も必要です」などと説明した。

 紅白を巡っては、ここ数年、ベテラン歌手たちがドミノ倒しのように卒業を表明している。13年には北島三郎が記者会見を開き、50回目を機に紅白から引退することを明言。さらに昨年は、森進一が公式サイトで紅白から身を引くことを表明した。音楽評論家の富澤一誠氏はこう言う。

「平均視聴率が70%近くあったころの紅白では『落選』となると、“歌手人生が終わった”というくらいの影響力がありましたが、今はそこまでではない。紅白に出なくても、やっていける歌手はやっていける。逆に落選する前に“卒業”したほうが、世間的には『度量が広いよね』となる。ベテラン歌手本人たちも、引き際を考えているでしょうから、今後こうした動きは続くと思います」

■落選危機の和田アキ子はどうする?

 もっとも細川の場合、北島や森のケースとは決定的に異なるところがある。北島や森は、出場が決まった後に「来年以降は出ない」としてきたが、細川は出場歌手発表直前の段階での卒業宣言だ。落選する前に自ら“予防線”を張ったのでは――という見方もできなくはない。さらに、この宣言は、ある大物歌手に大きなプレッシャーを与えているという。

「今年出場すれば、細川と同じく40回目となる和田アキ子です。落選危機が報じられていますが、所属事務所のホリプロが懸命にNHKサイドと交渉を続けているといいます。出場するにしろ落選するにしろ、これで和田も自ら身を引かざるを得なくなったのではないか」(芸能関係者)

 今週にも発表される出場歌手の面々。世代交代は加速するのか注目だ。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。