スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

岩田騎乗のヌーヴォレコルト BC 結果がG3制覇 

未分類
11 /25 2016

スポンサードリンク

【米レッドカーペットH】岩田騎乗のヌーヴォレコルトがG3制覇 「勝てて本当によかった」
 米国遠征中のヌーヴォレコルト(牝5歳、美浦・斎藤誠厩舎)は11月24日、デルマー競馬場で行われたレッドカーペットH・G3(芝2200メートル=10頭立て)で優勝。海外重賞4度目の挑戦で初勝利を挙げた。優勝タイムは2分15秒56。

 14年のオークス優勝時の鞍上、岩田康誠騎手(42)=栗東・フリー=とのコンビに4戦ぶりに戻ったヌーヴォレコルトは2番人気を集めた。レースは最内枠からスタートを決めると、道中は中団のインでじっくり我慢。4番手で迎えた直線では進路を外へ切り替え、最後は先に抜け出した1番人気のアルルの外から、ゴール寸前で鼻差だけかわした。

 同馬はブリーダーズCフィリー&メアターフ(11着)の後も米国に滞在して、今回のG3に臨んだ。今後は28日に現地を出発して、29日に香港へ移動。招待を受諾している香港ヴァーズ(12月11日、シャティン競馬場・芝2400メートル)に今回と同じ岩田騎手とのコンビで出走する。香港遠征は昨年12月の香港C(2着)、今年4月のクイーンエリザベス2世C(6着)に続いて3度目で、通算では5度目の海外での出走となる。

 岩田騎手は13年に香港スプリント・G1(芝1200メートル)をロードカナロアで制して以来、約3年ぶりに海外で通算4勝目を挙げた。

 岩田騎手「とにかくこの馬の力を信じて戦おうと。最内枠だったので、ラチ沿いをロスなく運ぶことを最優先にした騎乗を心がけました。最後は届いたかどうかわかりませんでしたが、勝てて本当によかった。次の香港ヴァーズも頑張ります」
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。