スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

アメリカンイーグル 店舗 東京 池袋店 新しい波「ブラックフライデー」

未分類
11 /25 2016

スポンサードリンク

新しい波「ブラックフライデー」、定着するか?
国内最大級の玩具とベビー用品専門店「日本トイザらス」をはじめ、リーズナブルさが魅力のファッションブランド「H&M」、アメリカ発のカジュアルファッションブランド「アメリカンイーグル」などが、11月末から展開予定の大幅値引きセール「ブラックフライデー」。ちらちらと耳にするようになった、この「ブラックフライデー」とはいったい何なのか?

「ブラックフライデー」とは、アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日である金曜日のこと。年間を通じて「最も多くの買い物客で賑わう日」とされており、アメリカの小売業界では、この日を皮切りにクリスマス商戦がスタート。もともとはフィラデルフィアの警察が、溢れる買い物客で忙しくなるため「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされているが、現地の新聞が「小売業はこの日を境に黒字に転換する」という解釈を発表してからは、新たな意味をもって広がるようになったという。

日本でも、政府や経団連が導入を検討してきたこともあり、経済産業省と経団連などは来年2月末から、月末の金曜日に消費喚起運動「プレミアムフライデー」を開始予定なんだとか。それに伴い、「ブラックフライデー」を取り入れる企業も増えており、徐々に日本でもその言葉が聞かれるようになってきた。調理用品・化粧道具メーカーの「貝印」は公式オンラインストアにて、2014年に「ブラックフライデー」セールを初開催。昨年は目玉商品が開始20分で完売するなど大盛況だったという。今年は昨年の2倍の売上げを目指しているという。

ここ最近は、ハロウィーンがバレンタインの市場規模を超えたというニュースも聞かれたが、果たしてこの「ブラックフライデー」は日本でも浸透するのか? 政府や経団連の思惑も気になるところだが、消費者からすれば、いいモノが安く買えるならオールオッケーですが。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。