スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

羽生結弦 NHK杯 2016!!

未分類
11 /26 2016

スポンサードリンク

NHK杯SP首位発進も、羽生結弦が感じた「シュッ」の微妙なズレ
 11月25日のNHK杯男子ショートプログラム(SP)。羽生結弦は最初の4回転ループを完全に回りきりながら、着氷で重心が後ろにかかり過ぎてステップアウトになってしまった。だが、その後の4回転サルコウ+3回転トーループを決めて勢いに乗ると、後半のトリプルアクセルはGOE(出来ばえ点)加点が満点の3点。スピンとステップもレベル4を取って103・89点を獲得し、文句なしの首位となった。
 今シーズン3試合目にして初めて実現した勢いをつけられる演技に、羽生は笑顔だった。

【写真】公式練習で見せた羽生のさまざまな表情

「やっとプログラムらしくなってきたという感覚があります。ただ、このプログラムに関しては、もっといろんな意味を込められると思っています。まだ勢いだけの10代のスケートみたいになっているので、それだけではなく、環境とか歌詞の奥の方にあるものを、ジャンプを含めて追求していけたらいいと思います」

 この日の試合へ向けて、羽生は入念な準備をしていた。昼に行なわれた公式練習では、4回転ループをいきなりきれいに成功させるなど、単発のジャンプはキッチリと決めていた。ところが、曲かけの練習になって、最初の4回転ループがパンクして2回転に。その後の4回転サルコウからの連続ジャンプは決めたが、少し間を置いて跳んだトリプルアクセルもパンク。ただ、そうしたジャンプのミスはあったものの、つなぎの滑りに対してかなり気を配っている様子で、本番前の気持ちのたかぶりを抑えているようにも見えた。

 ジャンプは単発できれいに跳べていたことを考えると、曲かけでのミスは不安を感じさせるほどではなく、実際、ジャンプに不安はないことを競技直前の6分間練習で証明した。集中した表情になると、4回転ループも一発目できれいに決め、ミスはなかった。

 それでも、冒頭の4回転ループに少しだけ乱れが生じた。羽生本人は自らのジャンプを「シュッと行って、パッと降りるだけです」と説明するが、この日の4回転ループはその“シュッ“が少し狂ったという。その“微妙なズレ“が、重心を少しだけ先に進め過ぎる結果になったのだろう。

 しかし、回転しきっていたという点が、今シーズンこれまでの2試合とは大きく違っていた。羽生は「公式練習は動ききれていないという印象がありましたけど、曲かけ以外ではずっといいジャンプが跳べていました。その点では明日のフリーでも、公式練習と6分間練習と試合をしっかり分けて、自分の中でいい状態にくっつけながらやっていければと思っています」と言う。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。