スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

東出昌大、『デスノート』主演の重責を実感「やるしかない!という中で戦った」

未分類
10 /29 2016

スポンサードリンク

東出昌大、『デスノート』主演の重責を実感「やるしかない!という中で戦った」
 映画『デスノート Light up the NEW world』の初日舞台挨拶が29日、都内で行われ、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、メガホンを取った佐藤信介監督が登壇。大きなプレッシャーを感じながら主演という重責を担った東出は、「初日を迎えて、皆さんの笑顔を見られて、やっと肩の荷が降りた気がします」とコメントし、感無量の表情を浮かべた。

【関連】『デスノート Light up the NEW world』初日舞台挨拶フォトギャラリー


 本作は、2006年の映画『デスノート』の10年後が舞台となる続編。デスノート対策本部捜査官の三島(東出)、Lの後継者・竜崎(池松)、キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑(菅田)らが6冊のデスノートをめぐって争奪戦を繰り広げる。また、前作で人気を博した夜神月(藤原竜也)、L(松山ケンイチ)、「ミサミサ」こと弥海砂(戸田恵梨香)らレジェンドたちも登場し、本作を盛り上げる。
 
 ハロウィンシーズンということで、来場者にお菓子を配りながら登場した3人。女子のパワーに圧倒されたという菅田は、「みんな箱の中に手を突っ込むんですよね。いやぁー活気があっていいです。この勢いで作品が全国に広がってくれると嬉しい」とニッコリ。クロストークでは、MCから「ハロウィンにちなんで、この3人の中で誰に変身したい?」というお題が出され、池松と菅田が揃って東出を指名。「これだけタッパ(身長)があると世界が変わる」「このタッパでパリコレに出たい」と、長身をいじりだし、会場の笑いを誘った。
 
 終始なごやかな雰囲気で初日イベントが進行する中、まとめの言葉を任された東出は表情を一転。緊張感を漂わせながら、「前作のあの偉大な(俳優の)先輩方、偉大な金子修介監督の誇りや覚悟を僕らも受け継ぎ、さらに力を増して、スクリーンの中に存在しなければと思って、みんながんばって撮りました」としみじみ。「映画は、面白いか、面白くないか、だと思いますが、僕らは本当に“やるしかない!”という中で戦ったので、今日、これだけのお客様に来ていただいて本当に嬉しく思います」と締めくくった。
 
 なお、クイズ形式のオンライン・キャンペーン「デスノート“争奪”バトル 究極の頭脳戦」で最高得点を獲得した関東エリアから、この日抽選で栃木県佐野市の「109シネマズ佐野」が選ばれ、11月9日に舞台挨拶を行なうことが決定した。
 
 映画『デスノート Light up the NEW world』は公開中。
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。