スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;

藍井エイル、涙の活動休止前ラストステージ「私を見つけてくれてありがとう」

未分類
11 /06 2016

スポンサードリンク

藍井エイル、涙の活動休止前ラストステージ「私を見つけてくれてありがとう」
藍井エイルが昨日11月5日に活動休止前最後のライブ「Eir Aoi 5th Anniversary Special Live 2016 ~LAST BLUE~ at 日本武道館」を、東京・日本武道館にて開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今年8月から体調不良のため活動を休止していた彼女。先月、オフィシャルサイトにて武道館公演をもって無期限で活動休止することをアナウンスし、多くのファンを驚かせた。

場内が暗転すると、観客は一斉にペンライトを青く灯し、藍井の登場を華々しく彩る。青いドレスに身を包み現れた彼女は「武道館!」と叫ぶと、代表曲の1つである「シリウス」でライブの幕を開けた。彼女は客席を見渡しながら「AURORA」「コバルト・スカイ」とアップチューンを投下し、「今日は全員で最高の時間を作っていきましょう!」とファンに呼びかける。オーディエンスのテンションがどんどん高まっていく中、「新曲を聴いてください」という言葉で始まったロックバラード「アカツキ」で場内の空気はしっとりとしたムードに。哀愁漂うメロディを藍井は激しく切ない声で歌い上げる。すると曲のタイトルに合わせるように会場は赤く染まり、艶やかな光景が広がった。

中盤では炎やレーザー光線などさまざまな演出と共に、キャリアを飾ってきた楽曲が披露されていく。デビュー曲「MEMORIA」では、藍井はファンに感謝の思いを伝えるように「どんなに離れても忘れることはない 君が私に光を教えてくれたから」というフレーズを力強く歌う。また「アクセンティア」ではコール&レスポンスを巻き起こし、新曲「レイニーデイ」では観客にクラップを求め、それに乗せてキュートなボーカルを重ねるなど、ファンと一緒にライブを作り上げていった。さらに「シューゲイザー」の前には黒い衣装に着替え、情熱的なパフォーマンスを繰り広げる。ラテン調の「ラピスラズリ」では再びトーチに炎が灯り、艶やかな曲の世界を引き立てた。

藍井は「ありがとう」「最高!」といった言葉は口にするものの、ほとんどMCを挟むことなく19曲目の「サンビカ」まで一気にパフォーマンス。「今日はずっと全身全霊で歌ってますが、最後まで全力で歌を届けていきますので」と口にしたあと最新シングル「翼」をエネルギッシュに歌い上げる。疲れを見せるどころか激しさを増すボーカルに観客は聴き入っていた。「最高の思い出、一緒に作ってくれますか?」という言葉に続いたのは「INNOCENCE」。銀テープが舞う中で藍井はステージを端から端まで走り、イヤモニを外し熱唱する。最後に観客と一緒に大きくジャンプして本編を締めくくった。

盛大な「エイエイルー」コールに導かれてステージに戻ってきた藍井は、スポットライトの下でデビューからこれまでの日々を振り返る。「1日1日がすっごい濃密であっという間でした」「本当に私の人生にとってこの5年間は、みんながいたからかけがえのないものになりました」と涙をこらえながら語る。そして自身を支えてくれたバンドメンバーの紹介を経てデビュー前の楽曲である「frozen eyez」と、ファンとの絆を歌ったかのような「ツナガルオモイ」を披露した。

ラストナンバーを届ける前に、藍井は真っ白なドレス姿に。そして涙を流しながら「私を見つけてくれてありがとう。私と出会ってくれてありがとう。私の楽曲を愛してくれてありがとう。いつも元気な言葉をかけてくれてありがとう。素敵な笑顔をいつも見せてくれてありがとう。いつもこの小さい背中を押してくれてありがとう。あったかい手のひら、いつもありがとう。大切な時間を一緒に作ってくれてありがとう。かけがえのない思い出をありがとう。これ以上にないくらいの幸せな時間をくれてありがとう」と感謝の言葉を口にする。涙をこらえる姿に大きな声援が送られる中、藍井は気丈に笑顔を浮かべ「藍井エイルに関わってくれた人たちにありがとうの気持ちを込めて歌います」と述べ、「虹の音」を声を少し震わせながら歌い出す。客席は虹を思わせるカラフルな光で染められ、ステージには金色の紙吹雪が舞った。曲の終盤で藍井は堰を切ったように泣き出すも、一呼吸置いたのち、イヤモニを外し最後に観客の声を聞くような仕草を見せる。そしてバンドメンバーがアウトロを奏でる中、ゆっくりと舞台を降りていった。

なお11月4、5日に行われた「Eir Aoi 5th Anniversary Special Live 2016 ~LAST BLUE~ at 日本武道館」の模様は、2017年2月15日に映像化されることが決定している。

藍井エイル「Eir Aoi 5th Anniversary Special Live 2016 ~LAST BLUE~ at 日本武道館」
2016年11月5日 日本武道館 セットリスト
01. シリウス
02. AURORA
03. コバルト・スカイ
04. アヴァロン・ブルー
05. GENESIS
06. アカツキ
07. クロイウタ
08. KASUMI
09. Lament
10. MEMORIA
11. HaNaZaKaRi
12. アクセンティア
13. レイニーデイ
14. シューゲイザー
15. シンシアの光
16. ラピスラズリ
17. IGNITE
18. Bright Future
19. サンビカ
20. 翼
21. INNOCENCE
<アンコール>
22. frozen eyez
23. ツナガルオモイ
24. 虹の音
スポンサーサイト
imobile_pid = "58372"; imobile_asid = "1159150"; imobile_width = 300; imobile_height = 250;
Comment - 0

コメント

非公開コメント

細谷

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。